« 2017年10月 | トップページ

2017年11月12日 (日)

九州リーグ 第20節

九州サッカーリーグ
第20節
九州共立大学vs佐賀大学
前半1-0
後半3-1
合計4-1
スターティングメンバー
金城
山内、富田、三村、谷本
山住、横道、角、宮本
浦、宮城
戦評
前半、主導権を握るため、両チーム、パスワークを生かし相手ゴール前を脅かす攻撃が続き、一進一退の攻防が続いた。
そんな中前半11分、宮城が相手ディフェンダーのミスを尽き、技ありのゴールを決め先制点を決める。
この1点で勢い付いた共立はサイド攻撃を中心に試合の主導権を握るが追加点には繋がらず、前半を1-0で折り返す。
後半
後半開始から試合をコントロールする共立は、49分、左サイドバック谷本がドリブルでサイドを駆け上がりセンタリング。それを浦が左足でうまく合わせて追加点を奪う。
攻撃の姿勢を失わない共立は続く60分、またも左サイドバック谷本がオーバーラップからセンタリング。中にいた宮城に合わせ、またも追加点。3-0と試合を有利に進める。
78分には佐賀大学のコーナーキックのこぼれ球を押し込まれ失点。
しかし終了間際の88分、途中出場の秋永が相手の裏をうまく付き、キーパーの頭上を越えるループシュートで4点目を決め試合を決定づけた。
相手チームの16本のシュート本数に比べ、共立は6本という少ないシュート本数にも関わらず4点を奪うという決定力の高さを見せ、見事4-1で勝利を収めた。
次節、2位鹿屋体育大学との直接対決に向けて、勢いづく試合となったことは間違いない。
交代
58分 山住➡中嶋
72分 宮本➡秋永
   浦 ➡永吉
82分 宮城➡藤野 

九州リーグ 第19節

九州大学サッカーリーグ
第19節
九州共立大学vs東海大学
前半3-0
後半0-1
合計3-1
スターティングメンバー
金城
山内、富田、若林、谷本
山住、角、横道、宮本
浦、木橋
戦評
前半、序盤からボールを支配し、ゴール前を脅かす攻撃が続く。前半26分、左サイドを駆け上がった谷本から走り込んだ浦にスルーパス。浦が左足を振り抜き先制点を奪う。
37分にはコーナーキックから富田が折り返し、若林が押し込み2点目。
続く41分には、キーパーからのボールを浦がそのままドリブルで持ち込み、ミドルシュートでだめ押しの3点目。
前半を3-0で折り返す。
後半
前半とは逆に押し込まれる展開が続く。共立もディフェンスに重点を置いたシステムで対応したが、50分には自分達のミスから失点。
しかし最後まで集中を切らさず最少失点を守り抜き、3-1で勝利を収めた。
交代
60分 山住➡三村
71分 浦 ➡中嶋
82分 宮本➡秋永
88分 横道➡吉田

2017年11月 1日 (水)

Iリーグ Nチーム

アイリーグ二次リーグ
共立N vs 福大A2
2-4

スターティングメンバー
大山
小長野、松本、田中秀、
津守、飯田、佐藤、田中栄
上原、秋永



小池→大山
田中陸→小長野
溝上→佐藤
下村→平
前田→津守

前半8分に福大の右サイドからクロスを上げられ、キーパーが弾いたがそれを詰められて失点。その後30分に平が相手センターバックからボールを奪いキーパーと1対1で左に流し込んで、同点に追いつくも36分には共立のパスを奪われ横パスを出され決められる。43分にも相手にゴールを許してしまう。前半を1-3で終える。
後半は48分に上原のクロスから平が合わせてゴールを決める。その後共立にチャンスがあるがなかなかおいつくことはできない。68分には福大に決められてしまう。その後、福大にPKを与えてしまうが小池がセーブ。得点が奪う事ができずに試合終了。決勝トーナメントを逃してしまった。

« 2017年10月 | トップページ