« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月31日 (水)

アイリーグ N vs.M チーム

Nチーム
アイリーグ 第6節
本日8月31日水曜日にアイリーグがありました。
九州共立Nチームは九州共立サッカー場で
九州共立大学Mチームとの試合を行いました。

NチームvsMチーム
前半0-1
後半1-1
結果1-2


スターティングメンバー
GK大山
DF大畑、栢野、武田
MF上原、中島、田中秀、政時、前田、麻生
FW福丸




メンバー交代
OUT→IN
57分麻生→高田
70分田中秀→喜屋武
80分福丸→友田

サブ
GK米村
DF久原、高田、田中(栄)
MF川島、喜屋武、溝上、友田
FW下村

戦評
前半、九州共立NチームはRMF上原、MF前田を起点に九州共立Mチームのゴールに迫るがなかなか得点を奪うことができない。
お互い出方を探っているのか、膠着したゲーム展開が続く。しかし、前半15分ペナルティエリアから相手が強烈なシュートを放つ。
これをファインセーブしたGK大山だったが、こぼれ球を拾われ失点してしまう。前半終了間際にDF大畑のクロスにRMF上原が頭で合わせるも、これは惜しくもポストに嫌われてしまう。
前半は九州共立Mチームのリードで折り返す。
後半は、FW福丸をFW友田、LMF麻生をMF高田、MF田中(秀)をMF喜屋武に変えて運動量を増やす。そうすると後半10分、RMF上原がゴール前の混戦を抜け出しゴールを決め同点とする。その後九州共立Nチームの流れとなり、DF大畑を中心に攻めるも得点にはあと一歩結びつかない。逆転を狙い前がかりになる九州共立Nチームに対し、九州共立Mチームは縦に速い攻めでチャンスをうかがう。すると今度は、九州共立Mチームがカウンターを仕掛け、守備の枚数の少ないところにクロスボールを上げてフリーでシュートを打たれて追加点を決められてしまう。
なんとか追いつきたい九州共立Nチームだが、得点できずそのまま試合終了。


アイリーグも残り2節なので細かいところを修正して残り試合勝利で終われるように頑張りたいです。

2016年8月26日 (金)

アイリーグ Nチーム

Nチーム
練習試合
8月26日金曜日に鹿屋体育大学サッカー場で鹿屋体育大学と練習試合行いました。

Nチームvs鹿屋体育大学
前半1-1
後半0-3
合計1-4

スターティングメンバー
GK金城
DF大畑、栢野、武田
MF麻生、角、中島、政時、福永、上原
FW福丸



サブ
GK大山
DF田中秀、田中栄、
MF喜屋武、川島、塩山、友田、前田、溝上
FW下村


戦評
試合の入りは悪くなかったが中々相手ゴールには迫れなかった。徐々にRMF麻生、LMF上原、FW福丸が果敢に相手ゴールに迫っていく。危ない場面はあったがGK金城を中心に守っていると前半20分MF角、MF福永がうまくパスを繋ぎ抜け出すとMF角の素晴らしいミドルシュートが決まりNチームが先制点を奪う。前半を1対0で折り返したかったが前半35分に失点してしまう。
しかし、その後は集中した守りで前半を終える。
後半に入ると途中からメンバーを大幅に入れ替えるとFW友田、MF溝上、MF下村、
MF前田など中心に攻撃をするが得点が奪えず
相手に立て続けに3点を奪えてしまう。
その後も相手ゴールに迫るが得点は奪えず試合終了。


試合には負けたもが貴重な体験ができこれからのアイリーグに繋げられたらいいと思った
8月31日に九州共立大学Mチームとのダービーマッチがあるのでそれまでに修正するところは修正して試合に臨みたいと思った。

アイリーグ Kチーム

8月26日(金)、Iリーグ第6節が行われました。九州共立大学Kチームは、九州産業大学と対戦しました。

Kチーム🆚九州産業大学
2 ー 1
2 ー 0
4 ー 1

スターティングメンバー
GK柴田
DF古林、峯、森、笠原
MF田中、寺本、中江、秋永
FW関野、彌永





戦評
前半5分、FW関野とFW彌永の崩しで最後はFW関野がFW彌永のクロスを合わせ、ゴールを奪った。
前半15分、相手の右サイドからの細かい崩しに後手にまわり、失点を許してしまう。
だが、前半19分にMF田中の得意のドリブルからペナルティエリア内でファールを受け、PKを獲得した。それをMF田中が自身で決めた。
前半は、Kチームのペースが長く、うまくボールを回せていた。
後半開始からMF中江とMF飯田が交代した。
後半10分が経つと、MF秋永とMF中野、FW彌永とFW山内が交代した。
すると後半18分に、交代て投入されたFW山内がドリブルで運び、パスを受けたFW関野がMF田中にアシストし、MF田中は2得点目を決めた。それからMF田中とMF高田が交代した。
後半20分には、FW関野のアシストからMF飯田が久し振りのゴールを決めた。
後半34分、DF森とDF関が交代した。

前節に初黒星を喫しが、今節は2試合ぶりの勝利を掴むことができた。ハードなスケジュールだったが、チーム全員が走り、声を出し合ってチームを活気っけることができた。次節もこの調子で勝利してほしい。

2016年8月24日 (水)

アイリーグ Kチーム

8月24日(水)、Iリーグ第5節が行われました。九州共立大学Kチームは、福岡大学と対戦しました。

Kチーム🆚福岡大学
0 ー 0
0 ー 4
0 ー 4

スターティングメンバー
GK柴田
DF新納、峯、森、笠原
MF田中、寺本、中江、秋永
FW関野、彌永




戦評
前半は45分を通してお互いに均衡した試合だった。どちらのチームも同じくらいのチャンスとピンチがあった。Kチームは、MF田中のドリブルから惜しいシュートがあった。福岡大学は、サイドからの崩しで決定的な場面があったが、GK柴田がファインセーブをした。
後半は、メンバー交代がなくスタートした。前半1分、相手にCKを与えてしまう。そのCKから相手にゴールに押し込まれて先制点を許した。このゴールにより、試合の流れが福岡大学に傾いた。
後半16分、MF秋永とMF中野が交代した。
交代19分、左サイドからのクロスをヘディングで2点目を許してしまう。
後半21分には、勝利を掴むためにMF田中とMF高田、DF新納とDF川田が交代した。
だが流れは変わらず、後半26分には、またもや相手のCKから失点を許してしまう。
後半29分、FW彌永とFW山内が交代した。
試合終盤には、相手の個人技から4点目を許してしまう。
最後の交代は、FW関野とMF高橋が交代した。

今節は、最初の山場であったが惜しくも敗戦してしまった。初黒星を喫してしまったが、前半のサッカーをしていれば結果は分からなかった。次節は明後日に行われるので、しっかりと前を向いて勝利を勝ち取ってほしい。

2016年8月17日 (水)

Nチーム 鹿児島遠征

Nチーム
鹿児島遠征2日目
N1チーム
1試合目
Nチームvs下関商業
前半8-0
後半11-0
合計17-0

2試合目
Nチームvs長崎南山
前半6-1
後半7-0
合計13-1

戦評
相手が高校生ともありNチームが試合を優勢に進め危ない場面は何度かあったが試合を通して修正していた。


N2チーム
1試合目
Nチームvs長崎南山
前半5-0
後半0-0
合計5-0

2試合目
Nチームvs鹿児島城西
前半1-1
後半1-0
合計2-0


戦評
1試合目は得点を取れるところでしっかり取れていたと思う。ディフェンスも集中していたと思う。
2試合目は決定力をかき支配率は高かったが得点が取れなかったよく勝ちきれたと思う。

Nチーム 鹿児島遠征

Nチーム
鹿児島遠征1日目
Nチームvs大阪学院大学
前半0-1
後半3-0
合計3-1

GK釜瀬
DF武田、栢野、欣也
MF田中秀、中島、前田、麻生、政時、上原
FW福丸

戦評
前半は先制点を取られるもその後はよく守れていたと思う。
後半にはいるとメンバー交代を行ないMF上原
MF中島、MF田中の得点で3点を奪い試合を優勢に進めた。


2試合目
Nチームvs鹿児島大学
前半1-0
後半0-3
合計1-3

GK大山
DF川嶋、田島、荒木、竹之内
MFヒョンス、薮田、平野、岩崎、内藤
FW友田

戦評
前半の流れはあまり悪くなかったがなかなか得点が奪えないなか前半終了間際にMF薮田が抜け出し先制点を奪い前半を終える。
後半はFW上村、西田などが積極的にゴールを狙うも得点が奪えないなか相手のショートカウンターなどで3点を奪われてしまう。
その後も相手ゴールに迫るが得点を奪えずに終了。

アイリーグ Kチーム

続きを読む "アイリーグ Kチーム" »

2016年8月 7日 (日)

女子サッカー

九州共立大学女子サッカー部
試合結果
対戦相手
メルサ熊本
前半0-1
後半1-1
合計1-2
先制されて同点なって終了間際にフリーキックで入れられて1-2
終了間際の失点だったので集中がきれていたと思う。
次節は勝てるように修正したいと思います。

総理大臣杯 一回戦

8月6日土曜日、Jgreen堺にて総理大臣杯一回戦、東海地区第3代表の常葉大学浜松キャンパスとの試合が行われました。

共立大vs.常葉大
前半 2-2
後半 0-1
結果 2-3

スターティングメンバー
GK 藤野
DF 横道 山下 冨田 吉田
MF 貝田 永吉 木橋 杉田 宮本
FW 安里





戦評
共立大は非常に良い立ち上がりだった。特に前線の選手が勢いを持って攻めることができた。すると前半5分、ペナルティーエリア付近でファールをもらった共立大は杉田が壁に当てながらもゴールに吸い込まれていき先制に成功した。1-0となった。
このあとは一進一退の攻防が続いた。相手フォワードの強さにもディフェンスとゴールキーパーが連携を取り仕事をさせなかった。前半40分、コーナーキックのこぼれを木橋が豪快に打ち込み2点目を奪った。このまま勢いに乗っていきたかった共立大だったが、直後のリスタートで失点してしまった。やや集中が切れたのかロスタイムにも失点を許してしまい、2-2の同点で前半を折り返すことになった。
後半持ち味のパスサッカーで相手を翻弄したいところだったが、相手の縦へのロングパスに苦戦してしまいなかなかリズムに乗れないまま後半10分に失点を許してしまった。逆転を許してしまった共立大は流れを変えるために安里にかえて中嶋を投入。しかし、相手のパワープレーに苦しみ優勢に試合を運ぶことはできなかった。すると後半35分、雷雨が近づいてきたため一時中断となった。一旦ここで頭を整理し一点差を追いつくために自分たちができることを再度確認した。1時間後にラスト10分+ロスタイムのゲームが再開された。宮本にかえて小西、貝田にかえて山内を投入。まずは一点取り返すことだけを考えた。相手コートで細かくパスをつなぎリズムを取り戻した共立大だったが、あと一歩のところで得点を奪うことができず、2-3で敗れた。

本日は遠いところからの応援本当にありがとうございました。米山監督、DFの三村がベンチに入ることができないというアクシデントもありながらチームが一体となって全国大会に臨むことができました。結果は残念ながら負けてしまいましたが、全国大会という非常に貴重な経験をすることができました。今年はまだもう一回全国大会に出場するチャンスがあるので次は初戦突破を目標に頑張っていきたいと思いますので応援よろしくお願いします。

2016年8月 2日 (火)

総理大臣杯 壮行会

続きを読む "総理大臣杯 壮行会" »

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »